音楽サーバーが生活を変える

音楽サーバーは手軽に音楽データをネットワークで共有できる仕組みです。



従来のやり方ではCDなどからリッピングしたデータは個別にスマートフォンなどに転送して利用されてきました。

ただし、SDカードなどは容量がそれほど大きくないのですぐにいっぱいになる方も多いですし、なにより面倒です。
また、CDがたくさんある方の場合はリッピング作業も面倒です。

BIGLOBEニュースの情報ならこちらで掲載されています。

そこで注目されているのが音楽サーバーです。
音楽サーバーはCDのリッピングをCDドライブにCDを入れるだけで自動で行ってくれますし、合わせて曲データもタグ付けしてくれます。


大量のCDがある場合でもすぐにデータ化してくれます。



曲が音楽データになっていれば使い勝手は格段に良くなります。
音質についてはリッピングの際に高音質で取得するように設定すればよいです。

また、音楽サーバーはUSBDAC経由でスピーカーに接続すれば高音質で音楽をならすこともできます。
コンポ代わりに使えるのもメリットの一つです。


使いやすい音楽サーバーですが、さらにアプリケーションを利用することでitunesなどと連携させることも可能です。

itunesとの連携はWIFIやLAN経由で可能であり、itunesで指定するだけで呼び出せます。

呼び出す際、音楽情報で検索することもできますので使い勝手はかなり良いです。


また、NASとしても動きますので音楽データそのものを利用することもできる自由度の高さも好評です。